HOME > 贈与税で得をするには > プロが教える保険の使い方

贈与税で得をするには

プロが教える保険の使い方

生命保険は節税に役立つ


生命保険を使った、とっておきの対策方法

あなたが、生命保険の営業マンから、

「奥さんや子供のために、生命保険に加入しませんか?」
と勧誘されたら、きっと、
「いや、今すでに生命保険に入っていますから、もう十分ですよ」
と、クビを振りながら、後ずさりしますよね。

あなたが、独身のときは、生命保険なんか入りません。
そんな保険料を支払うぐらいなら、遊ぶために使った方がよいと思ったはずです。
若いときには、自分が病気をしたり、死ぬなんてことは、想像もしません。
でも、あなたも結婚して、子供が生まれると、自分が病気をしたり、死んだら家族が困ると思い、生命保険に加入するようになります。

実際に、病気をしたり、死んだりすると、家族に保険金が支払われて、

「生命保険に加入していて、本当によかった」

と感謝するのです。

ほんの少しの保険料ですが、保険金は、その何倍も支払われます。
生命保険とは、家族のことを思う人たちが集まって、お金を貯めておく、すばらしいシステムなのです。
ただ結果的に、保険料を支払っている、ほとんどの人が保険金はもらいません。

それは、その間に病気もせず、死ななかったということで、すごく喜ぶべきことです。
ただ、何年もすると、あなたは通帳を見て、「これって、もったいないかな?」と思い始めますが、家族のために止めるわけにはいきません。

そんなとき、あなたの前に、生命保険の営業マンが現れて、新しい保険の営業をされたら、断りたくなる気持ちはよく分かります。
でも、あなたは、本当に生命保険のことを知っていますか?
きっと、病気をしたら、死亡したら、保険金が契約書で指定されている人に支払われるだけだと思っているでしょう。

実は、生命保険には、それとは違う効果もあるのです。
何がって?

あなたは、自分が死んだときの保険金の受取人を妻にしているはずです。
実際に、相続のときに、妻が保険金を受け取ると、民法上は、妻のものなのですが、税法上は相続財産とみなされてしまいます。
そうしなければ、すべてのお金を生命保険にすれば、相続税をゼロ円にできてしまうので、保険金も入れて、相続税は計算されるのです。

ただし、ここが重要ですが、妻が受け取る保険金のうち、

「法定相続人の数×500万円は非課税」

に、自動的になります。

例えば、あなたに、妻と子供が2人いたとすると、1,500万円までの保険金は、相続財産とみなさなくてもよい、ということです。
それを超えた保険金には、相続税がかかります。
もし銀行の預金として持っていれば、1,500万円には相続税がかかります。
だったら、1,500万円の生命保険には入っておくべきですよね。

あなたは、これを聞いて、
「保険の契約期間内に、自分が病気になったり、死亡しなければ、妻は1,500万円の保険金がもらえず、そもそも、賭けたお金が損をするのでは?」
と考えたかもしれませんが、心配はいりません。
生命保険には、「終身保険」や「養老保険」など、支払った保険料を生命保険会社が運用してくれる商品もあるのです。
「えっ? 保険料って、すべて掛け捨てじゃないの?」

実は、生命保険会社は、皆から支払ってもらった保険料を、何もせずにプールしておくわけではありません。
生命保険会社の中には、支払ってもらった保険料を使って、株や不動産、為替に投資して運用することだけを仕事にしている人たちもいるのです。
実際に、生命保険会社のホームページには資産運用の方針どころか、運用残高まで記載されているんです。

生命保険会社は、契約するときに、

「うちに預けてくれれば、満期になったとき、もしくは途中で解約したときに、これだけ戻ります」

と生命保険の設計書を見せてくれるのです

しかも、満期になる前に、死亡したり、病気になったときには、死亡保険金なども支払われるのです。
もちろん、自分で運用すれば、利回りが何十%にも跳ね上がる可能性はありますが、失敗することだってあるのです。
自分でずっとパソコンの前に座り、お金を運用できる時間がある人も少ないでしょう。
だったら保険料を専門家が運用してくれる、貯蓄型の生命保険に加入した方がリスクが少ないと思いませんか?
ただ、生命保険の商品の中には、利回りが一定ではなく、利回りが大きく変動する変額保険という商品もあります。
そのため、自分の意向にあった生命保険を選ぶことは大切です。

他にも、あなたが相続税の節税対策として、子供にお金を贈与することもあるでしょう。
でもあなたが、現金をあげたら、子供はすぐに使ってしまうかもしれません
そうでなくても、子供に大金を渡すのは教育上よくないと考えている親が多いのです。
そこで、保険料を子供に贈与するという方法が考えられます。
保険金としてプールされていれば、子供は自由に使うことはできません。
あなたと同じように家族を持ち、責任のある年齢になってから、子供もお金をもらった方が、使い方は上手いはずです。

ただ、子供が保険金を受け取ったときには、所得税を支払うことになります。
保険金は、一時所得になるので、通常の約半分の所得税ですみます。
そもそも、相続税がまったくゼロであれば、節税にはなりません。
逆に、相続税が所得税よりも高くなるならば、絶対に、保険料を贈与すべきでしょう。
これは、シミュレーションを行なえば、すぐに分かることです。

さらに民法では、保険金は、それを受け取った人の固有の財産になると決まっています。
あなたに借金があると、相続が発生したときに、妻や子供に自動的に借金も引き継がれてしまいます。
そこで、生命保険を掛けておいて、相続が発生したときには、妻や子供が相続放棄をします。
すると、あなたの財産は渡せませんが、借金もすべて引き継がなくてよくなります。
その場合でも、保険金は、民法上は相続財産ではないので、ちゃんと、妻や子供に支払われます。
それを、借金の返済にあてる必要もありません。
これを実現するためには、生前に、保険金を受け取る権利や保険料を贈与する必要があるので、注意してください。

また、保険金は、相続のときの遺産分割の対象にはなりません。
遺留分の計算にも入りません。
親族でもめてしまったときでも、保険金は受け取った人が自由に使うことができます。
あなたが、生命保険を掛けておくことは、死んだあとに、家族が安心して暮らせることを保証することでもあるのです。

このように、生命保険は、贈与や相続の対策とは、切り離すことができない商品なのです。
話を聞かないうちから、頭ごなしに断ることは止めましょう。
きちんと内容を理解してから、自分に必要ないかどうか、判断してもいいのではないでしょうか。

私たちは、必ず1回の相談で結論を出します。

私たちは、公認会計士、税理士、司法書士、行政書士の専門家集団です。
1回の相談で、十分満足いただける解答を出せる自信があります

結局、税金の相談は税理士に聞いたほうが得になります!

TEL:03-3539-3047
横浜支店 045-440-6087
受付時間:AM9:00~PM6:00(平日)
担当税理士:青木寿幸
お問合せフォーム お問合せは24時間受付中!

相談料は、1時間3万円(税別)となります。
青木まで、ご連絡いただければ、ご相談の日時を予約いたします。

無料レポート「賢く、500万円を得するために知っておくべき贈与の方法」

無料レポートの読者様の声はこちら この小冊子は、すべての方が『必ず500万円を得すること』を
保証するものではありません