HOME > 書籍紹介

書籍紹介

たった1時間で、改正された相続税について、すべてが分かる

図解 相続税改正 早わかり

何が、どう変わったのか?
どのように節税したらよいのか?
相続税の改正をすべて盛り込んだ最新版!
「図解 相続税改正 早わかり」

  • 著者:青木寿幸
  • 出版社:KADOKAWA
  • 価格:¥1,500(税別)
amazon.co.jpで購入する

「うちの家には、財産がそれほどないから、相続で争うことはない よ」
という発言を聞くことがあります。
あなたも、同じようなことを考えているかもしれません。
ところが、家庭裁判所が公表している統計データを見ると、5000万円以下の財産で争っている家族が、全体の75%を占めているのです。
そのため、家族の争いを防ぐために、生前にしっかりと相続について話し合い、財産の分け方を事前に決めておくことが、大切です。

さらに、平成27年1月から相続税の基礎控除額が大幅に下がったことで、相続財産が5000万円以下でも、相続税がかかることがあります。
そして、相続税率も上がったので、今まで相続税を支払う前提の人は、かなりの増税になります。
つまり、家族の話し合いだけではなく、相続税の節税対策も実行しておかなくてはいけなくなったのです。
自宅やアパートを相続した人が、相続税を支払えなければ、遺産分割もスムーズに決まりません。

ただ、相続税が増税された一方で、贈与税の税率は減税されました。

子供や孫に、一度に多額の贈与を行っても、贈与税がかからない特例も増えました。
そのため、相続を待たず、生前に子供や孫に贈与することは、家族全体の財産が減ることを防ぐことにつながります。
相続税を支払えるように、お金を贈与しておく家族も増えるでしょう。

このように、生前に、家族の財産を守る行動を起こすことは、全員の利益になるのです。

本書を読めば、
相続についての必要な知識が自然と身に付くようになっています。

目次

知っておくと、絶対に得をする最新ニュース

第一章
生前にこそ、相続でもめないための準備をしておく
第二章
生前に、相続税を計算してみると、やることが決まる
第三章
生前に対策を実行すれば、必ず相続税は節税できる
第四章
生前に、上手に贈与すると、家族の財産が増やせる
第五章
生前に会社を作ると、ちょっと高度な対策ができる
amazon.co.jpで購入する

「相続」の法律について、まったく知識がゼロでも、"楽しく、読める!"

相続のミカタ

相談者は、「相続税を1円でも安くすること」が、
本当の目的ではなかった!
「相続のミカタ」

  • 著者:青木寿幸
  • 出版社:中経出版
  • 価格:\1,400(税別)
amazon.co.jpで購入する

あなたは、相続の準備をしていますか?

あなたが財産を残す親の立場であっても、財産を相続する子供の立場であっても、みんなが願うことがあります。それは、相続税の節税対策ではありません。

遺産分割で、家族がいがみ合わないようにしたい

この本を読めば、ちょっと気がかりだったけど、今まで家族で、真剣に話し合ってこなかった相続について、きっかけを作る知識が身につきます。

相続について、あなたが本当にやっておくべきことに、気づくはずです!

あらすじ

突然、銀行をリストラされた川野明美は、父親の推薦で会計事務所に転職した。
そこで、ミカタ(三方)税理士と出会う。

そのあと、相続の問題で悩む、6人の相談者の話を聞くことになる。
6人とも、家族が幸せになるために、なんとか解決したいと強く主張する。
川野明美はすぐに相談者の感情に影響されてしまうのだが、三方税理士は、相談者の言葉や心に振り回されず、冷静にその裏に隠れているものを見抜いていく。
そして、相談者の気持ちを理解したうえで、一番よい選択肢を提案して、相続の問題を解決する。

川野明美は横で聞くことで、自らも成長してくのだが・・・ある相談者のところで、明美は不動産会社を経営する父親の悪事を発見してしまう。
相続を通じて、家族は幸せになることができるのか、幸せになるためには、何をやっておくことが必要だったのか、あなたは気づくことができるだろうか?

目次

PROLOGUE
川野明美、ミカタ税理士と出会う
STORY1
財産は、どこへ消えた?
STORY2
7年間、相続が決着しないのは誰のせい?
STORY3
その遺言書は開けないで
STORY4
節税と脱税のあいだ
STORY5
金持ち相続、貧乏相続
STORY6
相続税はゼロ。この相続は成功か? 失敗か?
EPILOGUE
それでも、相続しますか?
おわりに
 
amazon.co.jpで購入する

親子で相続について、少しでも迷ったら、必ず読んでほしい本です

あなたの相続、もめないのはどっち!?

「あなたの相続、
もめないのはどっち!?」

  • 著者:青木寿幸
  • 出版社:秀和システム
  • 価格:¥1,400(税別)
amazon.co.jpで購入する

突然ですが、質問です。

あなたが、子供の幸せを願う父親なら、

A 財産は平等に分ける
B あえて、不平等にする

どっちが、正解だと思いますか?
正解は、「B あえて、不平等にする」
なんです。
理由は、本書の中に書かれています。
これ以外にも、下記のような、親子で迷いそうな34個の質問を挙げて、本書で、その答えを解説していきます。

父親が銀行の貸金庫を借りると、
A 手数料がかかるので、損をする
B 家族にとってメリットがある

父親が銀行から借金をすると、
A かなり、相続税は安くなる
B 家族で、もめる原因になるだけ

妻に相続させるのは、
A やはり、住んでいる自宅
B 自由に使える現金

父親の養子として
A 長男の妻を入れた方がいい
B 順当に、孫を入れるべき

贈与が認められるのは、
A 子供が、20歳になってから
B 未成年者でも、まったく問題ない

生前に父親が、家族と財産の分け方について話し合いをしておくことが、もめないための必須条件です。
ところが、父親と子供のどちらかが、相続や贈与に関して誤った知識を持っていて、勘違いをしていれば、お互いの話は噛み合いません。
結果、それが親子の確執となり、相続についての話し合いがストップしてしまいます。

もちろん、それぞれの家族で、財産の内容も、相続人の性別も、人数も違うのですから、絶対的な正解があるわけではありません。
それでも、本書では、どの親子でも、共通して迷いそうな質問を選んで、基本的に正しい結論を、その理由と一緒に解説していきます。

今まで、相続でもめないために必要なこと、または相続税の節税対策の本は、いろいろ読んできたけど、

「いざ、親子で、実行しようとしたら、選択肢が1つではなく、ぶっちゃけ、どっちが得なのか?」

と迷った方に対して、その答えを導きだせる内容となっています。

目次

プロローグ
父親から、積極的に、子供へ相続の話をして欲しい
第一章
家族がもめないことを願うなら、ぜひ、やっておきたいこと
第二章
子供たちが、ムダな相続税を払わずとも、よくなるために
第三章
じょうずに、生前贈与ができれば、子供の暮らしは豊かになる
amazon.co.jpで購入する

私たちは、必ず1回の相談で結論を出します。

私たちは、公認会計士、税理士、司法書士、行政書士の専門家集団です。
1回の相談で、十分満足いただける解答を出せる自信があります

結局、税金の相談は税理士に聞いたほうが得になります!

TEL:03-3539-3047
横浜支店 045-440-6087
受付時間:AM9:00~PM6:00(平日)
担当税理士:青木寿幸
お問合せフォーム お問合せは24時間受付中!

相談料は、1時間3万円(税別)となります。
青木まで、ご連絡いただければ、ご相談の日時を予約いたします。

無料レポート「賢く、500万円を得するために知っておくべき贈与の方法」

無料レポートの読者様の声はこちら この小冊子は、すべての方が『必ず500万円を得すること』を
保証するものではありません